伊藤万理華  柳沢翔監督と再タッグ【GRAVITY DAZE2 CM】

1月11日にYouTubeでPlayStation Japanより

PlayStation4用ゲーム

『GRAVITY DAZE 2/重力的眩暈完結編:上層への帰還の果て、彼女の内宇宙に収斂した選択』

のプロモーションムービー「GRAVITY CAT / 重力的眩暈子猫編」

が公開されました。

そして、このムービーに

我らが乃木坂46から伊藤万理華様が出演!!

しかも監督は乃木坂46のミュージックビデオを何度も手掛けている

柳沢翔 監督

その内容がすごく面白かったので、購入も考えてしまいました(*´∀`)

GRAVITY DAZEとは

概要:

2012年2月9日に発売されたPlayStation Vita用ゲームソフト。

2015年12月10日にPlayStation 4版が発売。

「重力を操り空間を駆け巡る、大冒険活劇」をゲームコンセプトに、重力を操作し空間を自由に移動しながらバトルする重力アクションアドベンチャーゲーム

そのその続編が2017年1月19日にPS4用ソフトとして発売される。

ストーリー:

巨大な円柱を取り囲むように築かれた空中都市ヘキサヴィル。この街は「重力嵐」の脅威にさらされ壊滅の危機に瀕していた。

住む所を失いさまよう人々も目立ち始めたヘキサヴィルの一角で、後に周囲から「キトゥン」と呼ばれることになる一人の少女が目を覚ます。

少女は嵐と共に現れた脅威「ネヴィ」と戦い街の人たちを守りながら、嵐に「奪われた街」を取り戻すために奔走する。

柳沢翔 監督と伊藤万理華のタッグ

柳沢翔監督と言えば、

数々のCM(Pokémon GO・資生堂・Nexus7・GEORGIA など)

映画「星ガ丘ワンダーランド」

アーティストのミュージックビデオ

などを手掛けている。

乃木坂46のミュージックビデオでは、

シャキイズム

ガールズルール

気づいたら片想い(現場監督)

私、起きる

サヨナラの意味

で監督をしている。

シングルCDに付属している特典DVDに

個人PVがというものがある。

所謂、ショートフィルム。

その個人PVの女王と言われている伊藤万理華の作品も手掛けているのだ。

1stシングル「ぐるぐるカーテン」特典DVDに収録されている『ナイフ』

最初からこんな演技と独特の雰囲気を出せる万理華は

やはりセンスがずば抜けていますね。

世界観に引き込まれる重力猫

1665年。ニュートンは、木から落ちるリンゴから、重力理論を発想。

時は流れて、その約350年後が舞台。

自宅で卒業論文を書いていたお姉ちゃん(高田静流)視点で始まる映像。

卒業論文の内容は「ニュートン理論」というもの。

しかし、なかなかうまく進まない論文に悩んでいる様子。

妹(伊藤万理華)が帰宅。

飼い猫に手を焼いていると、

その猫が急に壁に張り付き、パニックに。

次々と部屋と自分たちに変化が起こり始め、

重力が上下左右入れ替わっていることに気づくが。。。

出演:伊藤万理華(乃木坂46)、高田静流、しゃけまる
監督:柳沢翔
挿入歌:ハル(DIALUCK)

4分程の短いムービーですが、すごく引き込まれますね。

万理華が窓から外に落ちていくシーンは衝撃でした。

挿入歌を歌っているハル(DIALUCK)さんも味が出ています。

とにかく、万理華がぴったしハマっている映像だと思いました。

あとがき

PS4を半年前に購入したのはいいんですが、

全然ソフトを買ってなくて、面白そうなソフトないかな~って探してたんで、

今回ちょうどPVを見て、ゲーム自体が面白そうだったので買ってみようかと思います。

1作目やってないんですけどね笑

今後も、やなしょー(柳沢翔)さんには乃木坂関連のMVなりPVなりで監督を務めていただきたいって思いましたし、

映画にメンバーが出演するなんてことも期待しちゃいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする