【さんま御殿】みやぞんとさんまは最高の組み合わせだと確信

3月14日放送の日本テレビ系列で放送された

踊る!さんま御殿!!


日本テレビ系列で1997年10月28日から毎週火曜日19:56 – 20:54に放送されているトークバラエティ番組。

この番組でのさんまさんとANZEN漫才みやぞんの絡みが最高におもしろかったんです。

そもそも、さんまさんとみやぞんはフジテレビ系列の番組「さんまのお笑い向上委員会」で毎週共演しています。そこで培ってきたコンビネーションがさんま御殿でも見られるなんて向上委員会のファンであるわたしにとっては凄く嬉しいことです。

ANZEN漫才のみやぞんとは


ANZEN漫才というコンビ名で活動していて、相方は「あらぽん」。

自分も相方も現在31歳。

足立区出身で足立区をネタにした歌ネタ「足立区の歌」がある。

ギターが得意で、タイトルさえ言ってもらえば即興で曲が作れる特技もある。

お笑い向上委員会のモニター横芸人で人気を獲得。

最近では、「とんねるずのみなさんのおかげでした」、「イッテQ」などの人気番組にも出演している。

【お笑い向上委員会】モニター横芸人がハネている理由
フジテレビ系列で土曜の11:15~放送中のトークバラエティ番組。 「さんまのお笑い向上委員会」 ...

さんま御殿でのみやぞん

トークをフラれるも全然話が噛み合わないみやぞん。さんま御殿でも健在です。

千鳥の大吾が「なかなか他人には理解されない悩み」というテーマトークを披露。

出身の島で岩場を走る際のコツが都会の人には興味を持たれない話で笑いを取る。その後みやぞんにトークが回ってくると、さんまが即興で「岩場走り」の歌を披露してくれというフリでスタジオの爆笑を掻っ攫っていく。

あとがき

いわゆる天丼というお笑い技術のことですが、これをみやぞんは天然でこなしているところに凄みを感じました。天然キャラが過ぎることで有名なみやぞんが感覚的にこれをやっているとしたら更にブレイクするでしょうね。

ジミー大西よりもさんまさんとの相性がいい芸人かもしれません。久しぶりに何度見ても飽きない芸人が出てきたなという印象です。

さんま御殿に来て頑張ってトークして笑いを取ろうとしている芸人からしたらたまったもんじゃないですよね。笑

起用方法は難しいかもしれないですが、みやぞんの扱い方がわかる芸人さんが多くなればもっと活躍の場は増えることでしょう。だからこそ、お笑い向上委員会で大物芸人達と共演しているみやぞんは最強ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする